Home»ALT・NLT事業

ALT・NLT事業

AtoZのALT・NLT事業について

25年の実績と経験 「学校で習う英語」に「コミュニケーション力」を。

AtoZは教育委員会、学校、先生方の応援団です。
これからの国際社会を生き抜く子どもたちにとって、世界に通用するリーダーシップ力と異文化を超えたコミュニケーション力は必須になります。公教育における英語教育の目指すゴールは各市町村や学校の考え方によって違いがありますが、AtoZはそれぞれのご要望の中で、子どもたちと日本の将来のために最大限の努力で支援させていただきます。

ALT・NLT授業風景

各学校に担当の日本人コーディネーターがいます。

担当コーディネーターが定期的なご訪問をさせていただきながら、教育委員会のご要望や学校の先生方のご相談やお手伝いをさせていただいております。外国語活動が小学校に導入されたことで不安に感じられている先生方や小中連携に取り組んでいらっしゃる中学校の先生方と一緒になって英語教育に取り組み、教育委員会と学校が目指す英語教育を一緒に実現していく応援団です。

真剣に英語教育に取り組んでいます。

平成16年度に英語特区として下諏訪町の小学校においてPLSレシピ方式®が導入されました。私たちAtoZは、レシピシステムを開発されたPLS英語教育研究所(所長:マスミ・オーマンディ)のご指導をいただきながら、小学校・中学校の先生方と共に学び、英語教育の向上に専心しています。ここで使われているPLSレシピ方式®は、母語を覚えていく時のように、子どもの発達段階に合わせた最も自然な英語習得法方です。このプログラムを成功に導いている大きな特長は、音声を土台にした指導法、専門家による40年の経験から深く研究開発された教材とその効果的な使用法、そして担任の先生とNLT(Native Language Teacher ※1)とがアドバイザーから受ける研修です。これにより、担任の先生とNLTは迷うことなく効果的な授業を進めていくことができます。そして、子ども達は実用的な英語を確実に習得していきます。
ここから学んでいる知識と経験は、私共AtoZの大きな財産として、長野県の英語教育に貢献させていただいてます。

※1 ティーチングのプロ NLT
ALTとは、 Assistant Language Teacher の略で、先生方の補助教員として役割を果たします。
NLTとは、 Native Language Teacher (その外国語を母語として話す外国語教師)の略です。レシピ方式(PLSシステム®)の授業を行うネイティブの英語講師はPLS英語教育研究所の主催する研修を定期的に受講し、レシピ方式(PLSシステム®)の教育理念、授業方針、アクティビティやゲーム、それらを支えるオリジナル教材やその他の厳選された教材について適正な使い方や指導技術などを身につけたティーチングのプロという認識です。従来の語学指導を行う外国人に一般的に用いられているALT(Assistant Language Teacher)とは区別されます。

市町村によってはレシピ方式導入(NLT)で英語教育をしているところと各学校オリジナルのやり方(ALT)で進めているところがあります。学校格差、クラス格差をなくし、全ての子どもたちが「学校で習う英語」に「コミュニケーション力」をつけるために、小中を連携させる一貫プログラムが有効と考えます。
AtoZは実績あるレシピ方式導入を推薦します。

レシピ方式(PLSシステム®に基づく) とは ※引用元:レシピ方式(PLSシステム®)の特徴とゴール

PLSシステム®は、レイ & マスミ オーマンディ夫妻が幼児から大学生までの英語教育に長年かかわる中で独自に開発した英語教育法を中心としたカリキュラム及びプログラムです。それに沿ったPLSオリジナル教材とその使用法、研修、教師・生徒双方の進度管理方法を総括したものをPLSシステム®と言い、2005年に商標登録されました。
レシピ方式は、PLSシステム®に基づき、公立学校でNLT(Native Language Teacher=ネイティブの英語講師)とHRT(Home Room Teacher=担任の先生)とがお互いの役割の中で年間35週間程度の授業を行うことを想定しています。アクティビティーやゲーム、それらを支える教材やその他の厳選された教材、それらの使い方の研修など総合的に周到に計画したものを総じてレシピ方式(PLSシステム®)と呼びます。

» PLSシステム® ( http://www.pls-pec.co.jp/plssystem.html 外部サイトへ )

PLSレシピ方式スタイル授業

PLSレシピ方式スタイル授業イメージ図 (1) アントレ・メイン・デザートの中からバラエティある活動中心の学習項目を選択・組み合わせ
(2) 1時間完結型でない、繰り返し重視のスパイラル型の学習を
(3) リズムとテンポを大切に
(4) 3~4分きざみに
(5) スピーディ
(6) オールイングリッシュで行います。

このアプローチでは、英語を知識としてではなく、体験的に学びます。そのため、日本語の説明は最小限におさえ、頭の中で理解して話すのではなく即答を目指します。

レシピ方式におけるAtoZのコーディネイターとしての役割

レシピ方式では、NLTとHRTのそれぞれの役割を最大限に活かした効果的な授業を行います。 NLTは英語のプロフェッショナルで存在自体が異文化です。HRTはクラスの児童・生徒への教育を行う最も身近で直接的かつ総合的な責任者です。この二人が効率的で効果的な授業を行うために、私たちAtoZのコーディネイターは応援させていただきます。コーディネイターの役割は、NLT・担任・アドバイザーをはじめ教育委員会や学校をつなぐ大切な役割を果たしています。

AtoZが支援させていただいている長野県内PLSレシピ方式導入の市町村

・H 16 年 ~ 下諏訪町
・H 23 年 ~ 箕輪町
・H 24 年 ~ 富士見町

法人向け語学研修詳細
通訳・翻訳詳細
外国語学校エー・トゥー・ゼットサイトへ詳細