Home»ALT・NLT事業»採用・研修・サポート体制

採用・研修・サポート体制

AtoZがこだわる3つのポイント

採用

人材を見極める力とこだわりの配置
私たちは長年の経験から「人として魅力のある優秀なALT・NLT」を見極め、配属先市町村の土地柄や学校の風土、その市町村が目指す英語教育とALT・NLTを慎重に合致させます。

研修

年間を通して常にALT・NLTを啓発 
「教授法」「社会性」「協働性」の3つの基本スキルを大切に、知識だけではなくALT・NLTとしての心構えや公教育でのルールなどを、全体の集合研修や個別訪問、授業参観などを通して常にスキルアップしていきます。

サポート

持っている力を十分に発揮させる 
ALT・NLTが目標を見失うことなくやりがいを持って現場で力を発揮するために、地元で常にサポートします。

採用から着任までの流れ

20年以上蓄積したノウハウを利用して、同じ文化を持つALT経験のあるネイティブスタッフと現場をよく知る日本人スタッフが、確実に期日までにALTを配属します。また、教育現場のニーズに応じて的確な人材を確保するため、ALTとしての適性を面接及び各種試験にて判断し、採用を決定します。着任後は各種手続きや生活の世話、研修等を行い、教育現場での業務が円滑に進められるよう、着任から退任までAtoZが完全サポートします。

継続的な人材募集 志願者は常時募集し、書類テストなどにより優秀なALT適格者のみを登録しています。
リクルート担当が候補者と常に連絡を取り合い、最適な配属先を待ちます。

募集仕様の決定 各市町村教育委員会等からの要望をうかがい、配属先に適したALTの条件と採用基準を決めます。学校や地域の様子などを詳しく調査し、そこで活躍する適任の人物像を固めます。

第1書類審査 申請書、履歴書、推薦状などがEメールや郵送により応募者から送られてきます。経歴や資格、書面から読み取れる情報や応募者の人柄から、まずは業務遂行の可否を見極めます。この選考を通過した者には連絡を取り、電話インタビューを設定します。

電話審査 仕事に対する熱意や期待など、必ず日本人とネイティブスタッフがチームになり様々な話をします。ここでは会話のしやすさや英語の話し方、聞きやすさ、日本語チェックをします。また、会社の理念やALTの役割など、こちらからの情報も必ず提供します。

第二書類審査 電話インタビューを通過した候補者には、ALTの適性を更に詳しく判断するために、インタビューシートを記入してもらいます。具体的な状況を設定し、その対処法などを聞きます。ここでは文法のチェックもしていきます。同時に、候補者の希望(対象年齢や得意分野、地域性等)も考慮し、配属先を絞っていきます。

客観評価 レファレンスチェック、前職照会等でさらに評価の精度を高めます。出来る限り担当者と直接話し、教師としての能力や協調性などを詳しく聞き取ります。

面接選考 絞り込んだ候補者には出来る限り来社してもらい、面接や、模擬授業、適性テストを行います。表情や人柄、話しやすさ、教え方など多面からチェックします。

予定配属先見学 実際に配属される町や学校、住宅の様子を見学し、前任ALT・NLTと連絡を取り合うなどして出来るだけ情報を共有し、最終的な判断をします。

合否決定 業務に関わる全てのスタッフによる総合判断により、合否を決定します。

ALT講師の授業風景

着任後から業務開始まで

■就労ビザの取得や書き換えのための補助及び入管等への諸手続き
■住民登録、銀行口座開設や携帯電話等の諸手続き
■住居・生活サポート
  ・住居確保、必要備品準備
  ・電気・ガス・水道の開設と諸手続き
■配属前研修
  ・企業理念、事業部目標の理解
  ・教育に対する基本姿勢、ALT・NLTの役割
  ・学習指導要領や教科書の説明
  ・教材、カリキュラムについて
  ・業務報告書、有給休暇取得、提出書類(パスポート、運転免許、保険のコピーなど)の理解
  ・配属先の生活事情、ゴミの出し方、学校現場の規律やマナー
  ・災害時対応、個人情報、日本の法令遵守の理解
  ・日本語レッスン

業務開始後

市町村担当専任コーディネーターが現場の状況を常に把握し、
本社スタッフと共に適切なサポートと研修をします。

■AtoZ ALT全体研修
■授業参観や学校訪問による現場に即した研修
■地域別ALTミーティング
■ALT同士の横のネットワークを利用しての情報交換
■24時間体制でALTを徹底サポート

法人向け語学研修詳細
通訳・翻訳詳細
外国語学校エー・トゥー・ゼットサイトへ詳細