Home»AtoZ通信»「間違ってもいいという安心感を与える手本となる」~小学校の先生方を対象としたHRT研修会を実施しました。

「間違ってもいいという安心感を与える手本となる」~小学校の先生方を対象としたHRT研修会を実施しました。

「間違ってもいいという安心感を与える手本となる」~小学校の先生方を対象としたHRT研修会を実施しました。

AtoZでは、小学校の担任の先生方を対象としたHRT(ホーム・ルーム・ティーチャー)研修会を実施しており、今回は辰野町の小学校の先生方を対象に、授業の導入からまとめまでの流れと、その中でのHRTの関わり方をメインテーマとしたグループディスカッションと模擬授業を実施しました。

 グループディスカッションでは、小学校英語のゴールを踏まえたHRTの役割について話し合い、「ALTの英語を日本語に訳して説明するのではなく、子ども達に英語でそのまま理解させるようにすること」、「HRT自身が間違いを恐れずにALTと英語でコミュニケーションを図る姿を見せ、英語を学ぶ手本となること」、「より良い授業をするために、HRTとALTが事前に打合せをして目的や役割などの共通理解を図ること」 などの意見が出され、HRTの役割について確認しました。

模擬授業では、先生方が児童役、AtoZスタッフがHRT役となり、それぞれの場面でHRTが何を意識してどのように授業に関わるかについて確認しました。

研修に参加された先生方からは、「子どもに間違ってもいいという安心感を与える手本となるよう、自分自身が学校生活の中で英語を話す機会を増やしたい」、「共に学ぶという気持ちで関わっていくと楽しみがあることに気付いた」などの前向きな感想をいただきました。

私達AtoZは、先生方の英語活動への不安を少しでも解消してより効果的な授業が進められるよう、今後も引き続きこのような研修会等を通じてサポートさせていただきたいと思います。